夫から見た無痛分娩の体験レポ(本番編1)

人生を豊かに
スポンサーリンク

無痛分娩の体験レポ、第二回。

第一回は、無痛分娩を決めて、事前準備をするところまで。
今回は無痛分娩前日~当日まで。

出産前日

計画分娩のため、分娩の前日に妻が入院。
妻だけ、義母と一緒に産院へ。

事前の情報で、入院日は何もすることがない、という話だったので、私は仕事。普通に帰宅して普通に翌日の準備(荷物の準備)して、普通に就寝。

出産当日は、朝から促進剤を入れてお産に備えるとのこと。

朝9時以降に来てくださいね

と言われていた。
なぜなら、そんなにすぐに分娩まで至らないためだそうで。

お医者様「すぐ分娩までいかないから、そんなに急がなくて良いですよ」(フラグ)

でも、一人で妻も暇だろうし、不安だろうし、朝9時に到着するように起床→出発の予定とした。

入院時に色々説明を受けたらしく、当日の注意点をLINEで連絡してもらいました。

お昼までに産まれればお昼ご飯は食べられるけど、たぶん産まれないから、妻用のお昼は夫が食べる

とのこと……危ない危ない。
お弁当とかおにぎりとか、なにか会社の帰り道に購入するところだった。
いや、もちろんお昼までに産まれたら妻が食べるけど。
その時は用意してあったウィダーinゼリー的なので凌ぐつもりだったので、想定内。

夕方には入院前の処置を妻がしていたらしく、いよいよ本番という感じ。

  • 無痛用のカテーテル準備
  • 子宮口広げる準備

緊張しながら就寝。

当日

午前中

どうやら、無痛用の麻酔は夜は入れないらしく、夜中は痛くて眠れなかった模様。
側にいるために、計画通り朝9時に間に合うように家を出た。のは良かったけど。

朝の出勤ラッシュをナメてた。
通常、車で30分ちょっとで到着なのですが、なんと倍の1時間以上かかって到着。
余裕を持って移動しましょう。

妻はすでに分娩室で、陣痛の待機中。
若干気持ち悪いとか頭痛がするとかがあるらしいが、割とLINEとかできて余裕な雰囲気。
もちろん、麻酔がないときは痛かったらしいが、麻酔が効いてからは痛みが減ったとのこと。
無痛にしてよかった。

お昼

そこからは、徐々に促進剤を増やしつつ、陣痛が来てお産が来るのを待つ二人。

麻酔のおかげか、比較的和やかで、私が知ってる映画とかのいわゆる「陣痛が!」みたいな感じは全く無く……

妻

なかなか陣痛来ないねー。

YMT4
YMT4

お昼になっちゃったねー。

妻

私のお昼ご飯、代わりに食べておいでよ。

和やか!

妻のお昼は私が食べた笑。美味しかった。

代わりに食べた昼ごはん。豪華。

夕方

結局、そのまま、普通に夕方に。
途中、妻に吐き気が出たりしたが、ほとんど何もイベントがなく。

診察したところ、

お医者様「子宮口はまだ全開になってなくて、今日は産まれないでしょう

お医者様「すぐ分娩までいかないから、そんなに急がなくて良いですよ」(フラグ)

前日

しっかりフラグを回収、翌日に持ち越し。

もちろんその可能性があることはわかっていたけど、まさか本当にそうなるとは……

その後の段取り 妻

  • 促進剤や麻酔は一旦ストップ
  • 夕飯を食べる(朝昼抜いていたため、体力をつけておいて、翌日のお産に備える)

その後の段取り 夫=私

実家へ連絡しました。

  • 少なくても今日はなさそうなこと
    明日早いうちには産まれるかも

産まれたタイミングで、すぐにお互いの実家に連絡するように手はずを整えていましたが。
両実家とも、予定日の間ずっとLINEと睨めっこして、産まれるという連絡を待っていたようで……申し訳ない。

途中、お隣の分娩室では赤ちゃんが産まれたらしく、妻と二人、小声で
「おめでとー!」
とお隣さんに拍手笑。

そのまま妻は夕飯を取ることになった。が、

  • 陣痛が進むと吐き気が……
  • 促進剤と一緒に麻酔もストップしたため、陣痛が……

という状態。

YMT4
YMT4

全然、無痛じゃないじゃん!

と思いつつ背中をテニスボールでグリグリ。麻酔を入れてないのでそりゃ痛いか。

結局、お医者さんにお願いして、妻は麻酔を入れてもらい、そのまま分娩室で一晩過ごすことにした。

麻酔を入れたら、すっと痛みが弱まったらしく、少し寝ることができるかも、とのこと。

お医者様「たぶん、明日の朝までは産まれないでしょう」

頼むよ! もうフラグはお腹いっぱいだよ!

私は一旦帰って夕飯を食べて寝たほうが良い、ということで、当直の先生におまかせして帰宅。

まさかの延長戦
続きは次の記事へ。

※本記事
タイトルとURLをコピーしました