リモート会議をするならネックスピーカーを使うと楽

人生を豊かに
スポンサーリンク

リモートワークの機会が増えて、リモート会議も必然的に多くなっています。

ただ、ヘッドフォンやイヤホンを長時間つけていると、めちゃくちゃ疲れませんか?

この状況で、ぜひオススメしたいのがネックスピーカー。

なぜなら、イヤホンやヘッドフォンに比べると、疲労度が全然違うなぁと体感したからです。

(もちろん状況により利用できなかったり、個体差はあるかもしれないですが)

では、なぜネックスピーカーが良いのか、というのを解説します。

リモート会議で声を聞く方法

大別するとざっくり以下の2つです。

  • クローズ型
  • オープンエアー型

それぞれのメリットデメリットを私見でまとめると……

クローズ型

例えば、ヘッドフォンやイヤホンなど。

メリット

  • 音が外に漏れないので、どこでも使える(家族がいても使える)
  • 音が耳元で聞こえるので、聞き取りはオープンエアーより細かく聞こえる

デメリット

  • ヘッドフォンはメガネかけてると耳が痛くなるし、イヤホンは耳の中が痛くなる。

オープンエアー型

例えば、スピーカーやネックスピーカーなど。

メリット

  • 締め付けがないので、耳が楽。頭も楽。

デメリット

  • 音が外にだだ漏れ。家族がいると使いづらい。
  • 漏れた音を、マイクが拾ってハウる or 音が回る。

オープンエアー型、デメリット多くない?

デメリットが目立ちますが、それでもオープンエアー型をオススメします。

なぜなら。
個人的には、健康第一。デメリットを補って余りあるメリットがあると思います。

  • 音が耳元でなり続けて、将来難聴とかも嫌……
  • とにかく楽。疲れないので仕事終わりに家族との時間が充実する

長時間ヘッドフォンしていると、耳が本当に痛くて、夕方以降何もできなくなります。

逆に言うと、ヘッドフォン/イヤホンをしていて疲れない方は、クローズ型で良いと思います!
そのほうが安いし、機種がいっぱいあります。

少しでもデメリット解消しよう!

では、オープンエアー型のデメリットを少しでも解消できないか、という視点で見てみると……

音が外に漏れる 対策

スピーカーはやばいです。音が全漏れです。

その点、ネックスピーカーはスピーカーに比べてまだマシです。

機種によるかもしれないし、体感や個人差もあると思いますが、音漏れ軽減できます。

漏れた音を、マイクが拾ってハウる or 音が回る 対策

マイクを性能の良いものにしていると、ネックスピーカーから出た音をバッチリ拾ってしまいます。

そこで、マイク付きネックスピーカーを利用すると、かなり改善されます。

(流石にネックスピーカー自らが出した音を自ら拾うような設計にはなっていない……と信じたい)

どの機種がいいの?

正直、値段と性能によるので、個々人で最適な機種は異なります。

が、長時間つけていることを考えると、なるべく軽い機種を選ぶと良いのではないかと
(重たいと肩がこる……)

私が選定した基準は以下のあたりです。

  • 軽量
  • マイクがついている
  • Bluetoothがついている

具体的に言うと、JVC SP-A7Wという機種を利用しています。

会社でMicrosoft Teamsを利用していますが、全く問題なく通話できています。

実はハズレを引きまくったのか、電源が入らなくなったのですが、サポートは良くて交換してもらいました。
しかも3回笑
何度も壊れるようだとちょっとしんどいので、サポート切れたら別の機種にするかもですが……

リモート会議でネックスピーカーは本当におすすめ

ネックスピーカーについて語ってみました。

音漏れ完全NGだと選択肢として絶対に入らないと思いますが、選択肢の一つとしていかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました