【DJI Pocket 2 レビュー】手ブレのない動画が撮れる!【比較動画】

人生を豊かに
スポンサーリンク

皆さんは子供の動画を撮影していますか?

私は息子の動画をスマホで撮影していたのですが、後で見返すと手ブレがひどい……
特に、息子が走り回るようになると、手ブレのひどい動画のオンパレードです。

そこで、手ブレのない動画を撮れる環境を整えることにしました。

結論から言うと

DJI Pocket 2を使って手ブレのない動画を撮影することができました。

まずは実物を御覧ください

スマホの撮影と、DJI Pocket 2の撮影の比較動画を作りました。
どれくらい手ブレが少なくなるのか、を確認してみてください。

DJI Pocket 2では、手ブレの少ない動画になりました。
素晴らしい!

では、手ブレのない動画を撮影するための方法について、詳細を解説します。

手ブレのない動画を撮るためには

手ブレのない(少ない)動画を撮る方法は、以下の2種類があります。

  1. カメラ用ジンバルを利用する
  2. ジンバル付きカメラを利用する(DJI Pocket 2はこちら)

ジンバルって何?

ブレを補正する凄いテクノロジーです。(語彙が貧弱)
別名「スタビライザー」とも言うらしいです。

ジンバルを使うと、割と簡単に手ブレの少ない動画を撮影することができるようになります。

カメラ用ジンバル

すでにカメラを所持していて、そのカメラで撮影する場合に選択できます。

例えば以下のようなものです。

私が思うメリット・デメリットは以下の通り。

  • 既存のカメラを利用できる
    • デジカメや一眼レフでも、スマホでも、ジンバルに接続すれば利用できる
  • 写真管理が楽(スマホをそのまま活用する場合)
    • Googleフォトなどに勝手にバックアップされる
  • ジンバル付きカメラに比べると値段がとても安い
  • 取り付けが面倒
    • スマホをいちいち取り付けないといけない
      • その間にシャッターチャンス逃しそう
  • ジンバル自体が大きい
    • 子供がいるとただでさえ荷物が多いので、小さい方が嬉しい

ジンバル付きカメラ

カメラ機能がついているので、これ一つでジンバル+撮影を完結することができます。

  • 起動するだけで撮影できる(ものの数秒)
  • とても小さい
  • 動画の取り込みが、スマホに比べると面倒
  • 値段が高い……

なぜ「ジンバル付きカメラ DJI Pocket 2」を選んだか?

私が「ジンバル付きカメラ DJI Pocket 2」を選んだ理由は、大きく次の2つです。

  • 「起動するだけで撮影できる」ことを、最重要項目としたため
  • 「動画のスマホへの取り込み」は、アプリ経由で可能だったため

「起動するだけで撮影できる」ことを、最重要項目としたため

スマホのカメラでも良いのですが……
カメラ起動とジンバルへの取り付けをしていると、シャッターチャンスを逃すのが嫌でした。

取り出して起動、すぐ撮影(しかも手ブレなし)というのを実現したい、という目的を重要視しました。
小さいので取り出しやすく、また、どこにでも持ち運びできそうです。

iPhone se 2と比較。拡張アダプタを付けているので若干大きい。拡張アダプタ外すとほぼ同じ高さにおさまる。

「動画のスマホへの取り込み」は、アプリ経由で可能だったため

私がデジカメを利用しない理由の一つに、「動画の取り込み」がめっちゃくちゃ面倒、というのがあります。

YMT4
YMT4

SDカードを外して、中のデータを取り出して整理して……めんどくさい!

DJI Pocket 2では、アプリ経由で取り込みができます。
DJI Pocket 2の前身のDJI OSMO Pocketは、SDカードを外して……というのが必要だったぽいです。

ぶっちゃけるとアプリ経由でも本当に面倒ですが。
物理的にSDカードのやりとりをしないで済むので、ギリギリ候補に入りました。
「SDカード外す方式」だったら購入してなかったです。

デジカメさんは、ぜひ、自動取り込みをして欲しい(もしくはGoogleフォトなどへ自動的にアップして欲しい)です……

実際、DJI Pocket 2を使ってみた感想

手ブレは本当に少ない

動画をご覧いただければわかると思いますが。
素人が走って撮影しても、殆ど手ブレしません
これは凄い。

いわゆるアクションカメラみたいなものだと思います。
ただ、個人的には結構華奢な見た目をしているので、派手なアクションはしない方がいいかなぁとは思います。

例えば

  • 山登りでリュックにくっつける(見栄えの良い画になると思う)
  • 自転車にくっつける(揺れは殆ど吸収できると思う)
  • 車載カメラとして利用する(同上)
  • ランニングで利用する

のようなシチュエーションには、全て適用できるのでは……と思います。

アクティベーションはiOSがあると安心

DJI Pocket 2を利用するためには、アプリケーションでアクティベーションをする必要があります。

私がメインで利用しているAndroidでアクティベーションをしようとしたところ、うんともすんとも言わない状態になりました。

あれこれ1時間ほどやってみたのですがどうしてもアクティベーションをできず……
ダメ元で、手持ちのiPad Proを利用したところ、一発でアクティベーションすることができました。

DJIのアプリは、iOSに最適になっているというのは聞いていたのですが、まさかアクティベーションで引っかかるとは……
Androidユーザーの方はお気をつけください。

データの取り込みがとてつもなく面倒

撮影データをカメラから取り込むのがとにかく面倒です。DJI Pocket 2に限った話ではないかもですが。

  • アプリを立ち上げる
  • DJI Pocket 2を起動する
  • アプリで接続する(1分くらい待たされる)
  • 接続したらデータを取り込む(データ容量が大きいので凄い時間かかる)

こんなの、自動でやっといてよ……
と思わなくもない。
世の中のデジカメユーザーの皆様、この辺自動化できるソリューションをお持ちの方、ぜひアドバイスください……

おまけ 写真で見るDJI Pocket 2

箱と内容物は以下の通り。

箱一式。
ストラップやマイクなどもついている
ストラップも取り付けてみたところ。

まとめ

DJI Pocket 2をレビューしました。

ぜひ、実際の動画をご覧頂いて、どれくらい手ブレがなくなるかをご確認いただければ幸いです。

使用感などもご参考になれば。

子供の可愛い動画、どんどん残せるようになって嬉しい限りですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました