【明るい】アームの長いデスクライト、PHIVEの使用感をレビュー

人生を豊かに
スポンサーリンク

リモートワークがメインになって、デスク周りの環境を整えていかなくては……
となっていませんか?

デスク周りを明るくすることで、目の負担を減らして、少しでも快適なリモートワークライフを送りたいと思いました。

そこで、デスクライトを購入して利用してみたので、そのレビューです。

結論から言うと

PHIVEのデスクライト、↓これです。

型番は

ET-2-B

だそうです。

選定基準

  • 必要だと思ってたもの
    • アームが長い
    • 明るい
    • クランプ式
  • あまり考慮しなかったもの
    • 調光は、できてもできなくてもいい(できるに越したことはない)
    • 形はそんな気にしない
    • 可動域はまぁ広いほうがいいけど、程々アームが動けばいい

アームが長い

エンジニアあるあるだと思うのですが、マルチディスプレイで縦置きにしています。
その上からライトを照らせるようにしようとすると、アームの長さが必要になります。

ディスプレイを縦置きにすると高さが必要

そのため、長めのアームを持っているデスクライトがないか、探していました。

明るい

暗い照明はあってもしょうがないので、明るいものを探していました。

どれくらい明るいのかがあまり書かれてなく、色々探しました……
とりあえず、ルーメンの記載がなかったのですが、ルクスの記載はあったので、取説のスペック表を載せておきます。

40cmで1100ルクス。アームは40cmが日本で結構長い。

クランプ式

クランプ式で机に取り付けることで、机を広く使うことができます。

しかも、このクランプ、予想以上に小さかった!

メガネのレンズより小さい。左にあるのはエルゴトロンのモニターアームの台座。

これなら、かなり広く机を使うことができます。

気になるところ

LEDがついているところの稼働が、平面的な動きしかできません。

ライトの部分を上下に振ることはできるけど、角度を変えることができない

LEDライトの部分は、上下に振ることはできるので、そこは良いのですが、角度固定です。
写真の例だと、LEDライトの部分だけ向こうを向ける、こちらを向ける、といったことはできません。
少しでも角度を振ることができるだけで、ものすごい可動域が広がるんですが……!

首は左右に回るので、可動域が狭いというわけではないのですが、普通、というところです。

こんな使い方も

普段は手元を照らしていますが。

このリモートワークのご時世、ビデオ会議で顔が暗いと、

偉い人
偉い人

顔色悪いね、大丈夫?

なんてことになります。

そこで、このライトを顔に向けて、顔色の発色を良くしています笑

まとめ

総合的に見て、お値段からするとコスパの良い製品だと思います。

手元はものすごい明るくなりました。
ついでにリモートワークで顔色が悪いと言われなくなりました笑

アームはかなり自在に動くので、もし子供にライトが必要となったら、選択肢に入れても良いともいます。
子供の机用にも利用できると思います。

おまけ

梱包がしっかりしてる割にコンパクトでした。

パーツも少ないので組み立ては楽

コメント

タイトルとURLをコピーしました