抱っこ紐からヒップシートへ 大容量荷物も収納できます

人生を豊かに
スポンサーリンク

子供がある程度歩けるようになると、
「抱っこ紐を嫌がって歩きたい!」
という素振りを見せ始めます。

ところが、ちょっと歩くとすぐに
「抱っこ~」
となりませんか?

その時、抱っこ紐だとつけ外しが面倒くさすぎます!

そんなときはヒップシートをオススメします。

結論

Plaisiureuxのヒップシートです。

ウェストポーチのような形状。

お腹のところに、座椅子のようなものがついています。
この上に子供を座らせることで、腰で子供の体重を支えることができるすぐれものです。

実物。見た目以上に大きいと思います。

Plaisiureuxのヒップシート、良いところ

  • マジックテープ+留め具で安心
  • 腰で支えるからとても楽
  • 大容量の収納を備えている

マジックテープ+留め具で安心

マジックテープだけだと、万が一外れてしまったときに子供が落ちてしまいます。
また、逆に留め金だけだと、それはそれで外れたときに子供が落ちてしまいます。

両方がセットになっているので、どちらかが外れても大丈夫。
安心感があります。

腰で支えるからとても楽

このために購入していますからね!
楽でなければ困ります。

息子
息子

だっこ~

と言ったらすぐ抱っこできるし

息子
息子

おりる~

と言ったらすぐ下ろせる、それでいて腰も痛くない。
とても楽です!

大容量の収納を備えている

一番驚いたポイント。
収納が優秀です。

右サイドポケット

右サイドポケットには

iPhoneSE2

スマホが入ります。
入れてあるのはiPhoneSE2なので、最近の大きいサイズは入らないかも。

正面ポケット

正面ポケットに至っては、

  • おむつ
  • おしり拭き
  • マグ

を入れることができます。

マグは左サイドポケットにも入れられます。

かんたんなお出かけなら、これ一つで充分な容量です!

まとめ

大きな収納を持つヒップシートをご紹介しました。

抱っこが必要な時期、結構長いですよね。
腰を痛めると悲しいので、ぜひ、ヒップシートで腰をいたわってあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました