拡張子を変更せずにマクロを取り扱う方法【共同編集でも利用可】

効率化
スポンサーリンク

マクロを使えば楽に作業が終わるけど、ファイル形式(拡張子)がマクロ有効ファイルになってしまうのでできない……

という現象に遭遇したことはありませんか?

私は何回もあります。

今回は、マクロ有効ファイルにしなくてもマクロを使う、という方法を紹介します。

マクロって何?

今回取り上げるのは、Officeシリーズ(Word/Excel/PowerPointの三種の神器)のマクロになります。

通常、ファイルの拡張子は、以下のようになります。

一般的な拡張子

  • Word:docx
  • Excel:xlsx
  • PowerPoint:pptx

ところが、マクロを設定して保存しようとすると、マクロ有効ファイルにしなくてはいけません。

  • Word:docm
  • Excel:xlsm
  • PowerPoint:pptm

拡張子が違う!

共通のファイルを編集とかしていると、勝手に拡張子を変えるとめちゃくちゃ怒られて処刑されます。

そのため、マクロを使えない(使いたいけど)という状況に陥りがちです。

マクロを別のファイルに設定して利用する方法

そこで、今回の方法です。

発想は、

YMT4
YMT4

マクロがないなら、マクロを使えるファイルを用意すればいいじゃない

です。

pptxからpptmのマクロを呼び出すイメージ

マクロを設定したファイルを用意する

まず、マクロを設定したファイルを用意します。

今回の例では、パワポマクロを例とします。

Powerpointで袋文字をワンクリックで設定するマクロ
パワーポイント/Powerpointを使っていますか? 背景があるときに文字が溶け込んでしまって見づらい現象とか、あるあるネタだと思います。 そんなときに利用する「袋文字」を、ワンクリックで設定するマクロを組んだのでご紹介します。

これを、macro.pptmとして保存します。

このファイルは、マクロ有効ファイルとして保存してください。

クイックアクセスツールバーに、用意したマクロを登録する

クイックアクセスツールバーの編集画面で、マクロを選択します。

このとき、必ずmacro.pptmのウィンドウ上で行ってください。他のファイルのウィンドウ上だと、マクロの候補が出てきません。

マクロを選択して追加します。

アイコンとかを変更してあげると、視覚的にわかりやすいですね。

クイックアクセスツールバーの編集は、Microsoftの公式サポートページをご参照ください。

クイック アクセス ツールバーをカスタマイズする
クイックアクセスツールバーのコマンドの追加、削除、整理、並べ替えを行うことができます。

使う!

以上で設定はおしまいです。

マクロを利用したいときに、ボタンをポチッと押しましょう。

私の場合、赤は5pixcel、青は10pixelみたいに使い分けをしています。

使用時の注意点

マクロを利用するときの注意点

マクロを利用するときに、必ず必須の作業があります。

マクロを設定しているファイルを開いておく必要がある

今回の例だと、macro.pptmを予め開いて、マクロの実行を許可しておく必要があります。

そのため、よく利用するマクロは、全部同じファイルに入れておいて、macro.pptmだけ開けばOK! という状況を作っておくと良いです。

セキュリティについての注意点

マクロは、悪意のあるコードを含んでいる可能性があります。

セキュリティは必ずチェック

特に今回の例だと、外部のファイルのマクロを実行することになるので、慎重に慎重を重ねるに越したことはないです。

便利?

便利です。

特に、クラウド版Officeシリーズの場合、共同編集を多用することになると思います。

YMT4
YMT4

勝手に拡張子を変更すると、コンフリクトが起きたりマージがめんどかったり……diff取れないし。

そんなときに、威力を超発揮してくれます。

まとめ

  • よく使う作業があるからマクロにしたいけど、拡張子変えられないな……
  • 共同編集時にマクロって使えないのが超めんどい!

みたいなケースで利用できるテクニックです。

なるべく単純な作業は自動化して、自由時間を増やしていけるようにしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました